レバレッジについて知ろう

>

FXを仲介するサポートについて

契約内容を確認する

まずは、これから初めてFXに手を出してみるという初心者の視点で考えるという前提のもと話を進めます。

各会社は、基本的にその取引から手数料を徴収することでその商売を成り立たせています。
したがって、まずはその取引会社の手数料を調べてみましょう。
最近では、手数料を無料に設定している会社も多いようです。
しかし、手数料を高く設定している会社はその分、サービスが良いという報告もありますので、手数料がどうだからと言って一概にどれが良いというのは言い切れません。

手数料を調べたら、次は必ずスプレッドを調べましょう。
スプレッドとは、売り値と買い値の差のことです。
実は、FXとりひきかいしゃんでは、手数料を無料にしてスプレッドを実質的な手数料としている場合が多いので、FX初心者はまずこのあたりのシステムを勉強してから契約に行きましょう。

レバレッジの制限

先ほどの説明では、レバレッジは自分で決めることができるということでした。
しかし、ほとんどの取引会社ではレバレッジの上限を定めています。
特に初心者の場合は、レバレッジの上限を気にせず低く設定されることをお勧めされます。

レバレッジを高く設定すれば、うまくいったときの利益は数倍、数十倍にもなりえますが、損した時の損額も数倍、数十倍になるということです。
このようなリスクのある行為は、取引会社としてはあまり行ってほしくないという意見もあり、レバレッジ上限を定めて顧客が大きく損をすることがないように手掛けているものと思われます。

レバレッジの上限設定は、取引会社によって異なりますので、取引会社を決める前に父度、各会社のレバレッジ上限についても比較しておきましょう。


この記事をシェアする