FXで重要な指標となる「レバレッジ」とは?

レバレッジについて知ろう

FX取引とはどんなもの

FX取引において、重要な要素を占めるレバレッジですが、その実態を知る人はあまりいません。 FX取引を経験したひとならば必ずといってよいほど知っているものなのですが、なぜ一般の知名度が低いのでしょうか。 この機会に、一緒にレバレッジについて調べていきましょう。

FXを仲介するサポートについて

では、早速FXをはじめようとしても、個人でするのは至難の業です。 近年のFX活性化に伴って、FXを仲介する企業がどんどん登場してきました。 各企業ごとに、仲介料金や、キャッシュバックなどのサービスを行っています。 その一つ一つを調べてみましょう。

レバレッジを活かしてFXへ挑戦する

初心者でも、レバレッジの利用は可能です。 中には、レバレッジによって数百倍の利益を狙う上級者もいますが、初心者にお勧めするのは、レバレッジ2倍から3倍程度です。 なぜなら、なれないうちからレバレッジを使いすぎると痛い目にあうことが多いからです。

レバレッジとは

FXとは、ForeignExchangeのことで、日本製の略称です。
つまり、外国為替証拠金取引のことです。
一見するとお金をかけて利益を得ようとする、ギャンブルのように見えるかもしれませんが、じつはギャンブルではなく、いかにお金を自分のほうへ引き込むかといった、かなり高度な経済学的思考力が必要とされます。

また、これは世界規模で行う取引のため、海外の方に対してFXといってもまず通じません。
海外の方と話し合う場合は、ForeignExchangeMarginTradingもしくは、ForeignTradingという表現を使ってみてください。

みなさんも、テレビのニュースで為替市場を見たことがあるでしょう。
FXとは、為替の変動による外国通貨のやり取りで生じた差額によって利益を得るものです。

たとえば、1ドルが80円のときにドルを買って、1ドルが120円のときに売れば、40円の利益がでます。
このような外国通貨の売買によって差額が生じます。

もちろん、レートは常に変動するため、その様子を細かく観察し、次の動きを予測する必要があります。
中には、値段変動の比較的少ない通貨から、値段変動が非常に大きい通貨まで、通貨の特徴は様々存在します。

そうはいっても、株のようについ先日まで1億円の価値があったものが急に紙切れになるようなことはありませんから、比較的安定した取引ができるのが特徴です。

このような取引の中でも、ただお金を動かすだけではなく、そのお金を何倍にもする方法があります。
実はそれがレバレッジというものです。